全国対応 90日間の徹底サポート付!催眠術のかけ方・自己催眠のやり方をマスターする中井 英史の催眠術スクール「ブレインハック」

催眠術のかけ方・自己催眠のやり方をマスターする中井 英史の催眠術スクール「ブレインハック」
お申込みフォームはこちら
スクール誕生秘話
催眠術によくある誤解
用語集
デモンストレーション動画を見る
無料WEB動画レッスン公開中
お申込み方法
日本催眠心理協会
日本催眠心理協会|Japan Hypnosis Psychological Association
日本催眠心理協会について

2012年12月に協会を発足。
催眠をベースとして、様々な心理に関する学びを提供し、技術・テクニック・知識だけではなく
心を育てることを大切にし、心理のプロを育成する団体として活動をしていきます。

催眠術は、人を深い催眠状態へと誘導し、まるで魔法のような現象を起こすことができます。
幻覚を見せることも出来ますし、他にも日常では考えられないような不思議な現象を起こすことが出来ます。
催眠療法は、心の悩みを解決し様々な心理的な要因によって起こる症状を改善することが出来ます。
禁煙やダイエット、能力開発も可能です。
そして、解明されていないことも多く、まだまだ大きな可能性を秘めている世界と言えるでしょう。

人の心に触れるからこそ、強力な力を持っているからこそ、扱う者の「心のあり方」が大切になってきます。
強力な力で人を良い方向に導くことも出来れば、簡単に人を傷づけてしまうこともあることを常に強く意識しなければいけません。

日本催眠心理協会では、様々な活動を通じて、社会に貢献できるような心理のプロを育成していきます。

協会の目的

【1】催眠を一般的に広める

【2】社会に貢献できる心理のプロを育成する

【3】催眠にこだわらず様々な心理を取り入れることによって新たな世界を創造する

協会の活動

●  定期的に催眠を広め理解を深める活動をする

●  定期的にプロを育成する為のセミナーを開催する

●  定期的に心理に関する知識や情報を提供する

一般社団法人 日本催眠心理協会代表理事の中井英史です。

私は、長年、テレビのような現象を起こすことを目的とした催眠術、心の悩みを解決し様々な心理的な要因によって起こる症状を改善する催眠心理療法、を行ってきました。

その中で、催眠は、様々な分野で活用でき、様々な効果があるにも関わらず、まだまだ世間では誤解されていて、まだまだ広まっていないということを感じます。これほど強力なものなのに、知らないのはもったいないとも思います。

日本催眠心理協会を立ち上げた目的の一つは、催眠を広めることにあります。そして、その為には、技術・テクニック・知識に優れた人材が必要です。もう一つの目的は、そんな心理のプロを育てることです。

これまでは、催眠に特化した活動を行ってきましたが、日本催眠心理協会では、催眠をベースとして様々な心理を取り入れた協会を目指しています。催眠は、様々な心理分野ととても相性が良く、融合することによってより効果を高めることができます。

例えば、コーチング、NLP、ブリーフセラピー等の心理療法との融合です。
さらに、日常で生かせるような様々な心理を取り入れていきます。

心理のプロを育てるとともに、人に影響を与え、人をいつの間にか良い方向へ導けるような
人材を育てる協会を目指していきます。

技術・テクニック・知識だけを高めるのではなく、「心」を大切にしていきます。

▲PAGE TOP