全国対応 90日間の徹底サポート付!催眠術のかけ方・自己催眠のやり方をマスターする中井 英史の催眠術スクール「ブレインハック」

催眠術のかけ方・自己催眠のやり方をマスターする中井 英史の催眠術スクール「ブレインハック」
お申込みフォームはこちら
スクール誕生秘話
メディア情報
催眠術によくある誤解
用語集
デモンストレーション動画を見る
無料WEB動画レッスン公開中
お申込み方法
日本催眠心理協会
iPhoneアプリ
催眠術養成オンラインスクール誕生秘話
中井英史

生年月日: 1975年8月30日
血 液 型: O型

TRANS 上級コース修了
日本催眠心理協会 理事
マインド・クリエイト 代表

催眠術なんて怪しい!絶対にやらせに決まっている!そう思っていた私が今ではプロの催眠術師に…。

こんにちは 催眠術師・催眠心理療法士の中井英史です。
数あるHPの中から本HPにお越しいただき心から歓迎します。

このページに来られているということは大なり小なり催眠術に興味を持って頂いている事だと思います、ありがとうございます。どんな奴が運営しているのか不安の方もいらっしゃるかと思いますので簡単なプロフィールや私がこれまでどんな活動をしてきたのか、そしてこのスクールへの思いを少しだけお話させて下さい。

私が催眠術を始めたきっかけというのはほんと些細なもので「催眠術」という言葉が突然頭の中に飛び込んできて何気なしに催眠関係の本を2冊買ったのがはじまりでした。

私はその本に書かれていたある言葉に衝撃を受けたのを今でも忘れません。
その本のなかには「催眠術は練習すれば誰でもできる」と書かれていたのです。

TVで見たあの光景…あんな事が本当に自分にもできるようになるのか?

それはそれは大きな衝撃を受けました。
だってそうでしょ?TVなどのショー催眠では術師が暗示を入れると

・声が出なくなる
・目の前の人が好きになる
・レモンが甘くなる
・音楽が鳴ると踊りだす
・名前や数字を忘れる
・裸に見える
・好きな芸能人が目の前に現れる

などとても信じられないような現象が起こっているのですから…。
それまで私は、催眠術は超能力や魔術のような特別な力をもった人だけができるものか、TVのやらせか何かだと思っていたのでこんなことが本当に自分にもできるようになるのか!と衝撃を受けました。

もちろん半信半疑でしたが本当にそんなことができるようになったらどれだけ素晴らしいんだと思い期待半分、疑い半分でしたがとにかく催眠に関する事をひたすら調べまくったのです。

受験戦争中の学生のように勉強に明けくれる日々

催眠の可能性を知れば知るほど絶対に催眠術を覚えたいと思ったのですが、知識は増えていったのですが独学ではどうしてもかけられる気がしませんでした。

でも絶対催眠術をマスターしたかったので、覚えるには一度体験するのが早道だと思い、HPで検索してある催眠診療所に行く事にしました。

そして、奥の部屋に通され、少し話を聞いた後に、待ちに待った催眠を体験することに。
「うわー、指がくっついてきた!!」 私は、はじめての催眠誘導にビックリしてしまいました。

その後、手の平と手の平がくっついてしまう催眠にもかかってしまいました。
催眠術ってやっぱり本当だったんだ!私は、催眠初体験に、とても満足して帰りました。
さらに催眠術への思いが強くなった私はある一冊の本を手にいれました。
その本は、誘導しているところが写真で載っていて、誘導のCDがついていました。

私は、ひたすらにこの本を見て、CD を聞いて、ある練習法を続けました。
部屋にイスを置いて、まるで人がいるかのように誘導する、いわゆる、ロールプレイングというものです。

些細な事で崩れ落ちるガラス細工の自信

私は、練習を積み重ね、ある程度自信がついてきたので、実際に人に試してみたくなりました。
とは言っても、いきなりその辺の人に「催眠術を掛けさせてください」とは言えないので
家族や友達に協力してもらいました。

どこかの本に「催眠術を習得するまでの一番の壁は、被験者を見つけることである」
と書いてあったのは、その通りだなと思いました。

『体の力を抜いて、両手を前に出してください』
「ぷぷっ(^^)」
なぜか、私が誘導しようとすると、笑い出してしまいます。

『あなたの手の平の中に風船があるのをイメージしてください』
「あははっ(^^)なんかいつもと声が違うから面白い」

結果は大失敗。
今までの練習はなんだったのか・・
今まで積み上げてきた自信は簡単に崩れ去ったのです。

自信を失いかけた中井英史の人生を180度変えたメンターとの出会い

しかし、そんな私、中井英史に新しい出会いが訪れます。
いつものようにパソコンで検索しているとある催眠術師養成スクールを見つけました。
独学でどうしてもマスターできなかった私はほとんど迷うことなく、行くことに決めました。

私が催眠術を習ったのは南裕先生です。
知らない人の為に少しだけ紹介すると…

催眠術師/催眠心理療法士 南裕のプロフィール

1963年生まれ。あるキッカケから催眠術に興味を持ち研究開始。ショー催眠の師匠・催眠心理療法の先生に師事し、数多くの実戦経験を積む。実践面において独自の技法を編み出し、日本では数少ない実践派催眠術師として注目を浴びている。

2000年 ABC・TV朝日系全国ネット「探偵!ナイトスクープ」出演を皮切りに現在まで多数のメディアに出演

2003年 催眠術師養成スクール開校。催眠術の掛け方[専門版]DVD制作を皮切りに多くのDVDを出版

2009年 日本催眠術協会理事就任

現在  数多くのメディアに出演中

メディア出演歴

日本テレビ系
       ナイナイサイズ(2003年5月3日放送)
       Gの嵐!(2006年3月22日,5月11日,18日,7月13日放送)
       くりぃむしちゅうのたりらりでイキます(2006年12月7日放送)

TBSテレビ系
       Pooh!(2003年9月17日放送)
       あざーっす!(2005年7月13日放送)
       ノックアウト・ハウス(2009年8月11日放送)

フジテレビ系
       ウソ800(2003年7月5日放送)
       奇跡体験!アンビリーバボー(2006年2月23日放送)

テレビ朝日系
       探偵!ナイトスクープ(2000年6月9日放送)
       PA PA PA PA PUFFY(2000年7月12日放送)
       ダヴィンチの予言(2002年1月26日放送)

テレビなどでもよく出ているのでご存じの人も多いと思います。

スクール初日、ドキドキしながら行くと、すでに5、6人のスクール生が練習をしています。
挨拶をすますと、南先生が催眠術を掛けてくれました。

「うわっ、手が開かない!!」

今までに体験したことのない感覚で、あまりのスピードと切れにビックリしたのを覚えています。
この後も、色々な催眠術を体験することができ、驚きと感動の連続でした。

今までの苦労が嘘のように早送りで成長する日々

今まで独学でいくら練習しても失敗の連続だったのが嘘のように催眠術をマスターできました。TVで見るような催眠を自分がかけれるようになって本当に嬉しかったです。
それと同時に

「なんて自分は遠回りしていたんだろう」
「なんでもっと早くちゃんとスクールに入らなかっただろう」
とも心の底から思いました。

スクールのいいところの一つに練習相手を探すのに苦労しないというのがあります。
今まで、あれほど練習相手をさがすのに苦労していたのに、
スクールではそういう苦労をしなくても練習をすることができました。
何より、人の誘導を見るのは、とても勉強になりました。

そんな環境の中で毎週スクールに通っていると、メキメキと私の腕はあがっていきました。
私は、いつの間にか、催眠術を掛けられるようになっていました。
そして、「今までやってきたことも無駄ではなかった」と感じました。

「もっともっと催眠術がうまくなりたい!!催眠術を極める!」

毎日が青春

そう心に決めた私はとにかく修羅のように特訓と勉強を重ねました。
時には都内の某公園でもっと実践練習をしたいと思い
催眠仲間と路上催眠に明け暮れた時もありました。
「催眠術を掛けて欲しい」と言われれば、職場・飲み会・集まり
道端等、どんな場所でも誘導しました。

そのたびに受ける熱狂的な拍手と驚き
そして羨望のまなざしが私をより成長させる原動力となりました。

「本当に催眠術をやってきて良かった!!!」
毎日が青春でした。

催眠にかけた人の数も数百人を超えてきた頃、私、中井英史が催眠術師だということがどんどん知られ、ますます私の活動の場は広がっていきました。催眠術を通して、多くの経験をし、多くの気づきがありました。

そして、人間としても大きく成長したように思います。

この熱狂的な拍手と羨望のまなざしを分かち合いたい!

私は、「こんなにも楽しくて素晴らしい可能性を秘めた催眠術を、他の人が知らないのはもったいない」と
思いそれなら自分が催眠術を広めていこう!ということで2006年には催眠スクールをやりだしました。

とにかく無我夢中でした。
一人また一人とスクール生が増えていき気づけばセミナーやイベント等を含めると催眠を指導してきた人数も1000人を超えていました。
そして催眠術師としての知名度も徐々に上がってきてテレビやDVDにも出演できるようにもなりました。


「年忘れ!よしもと紅白お笑いクイズ祭り2012より」

他には、数多くのステージで催眠ショーに出演したり、自ら開催もしてきました。

そして、それまで地道な活動を積み重ねてきた経験と知識を、
より多くの人に伝えたいと思い、2012年に代表理事として
日本催眠心理協会を発足しました。
2006年に催眠術師養成スクールを立ち上げた時からの思いだったので、
一つの形になったことにとても満足しています。

だけど、他にも以前より常に思っていたことがあります。
それは、もっと多くの人に教えることができないだろうかって。

オンラインスクールを立ち上げた3つの理由

今回、オンラインスクールを立ち上げた理由は3つあります。
まず一番の理由は、もっと多くの人に催眠術を知ってもらいたいというのがあります。
催眠術をマスターして私の人生は劇的に変わりました、
あなたにも同じように人生を変えてもらいたいと本気で思っています。

しかし、現状日本では催眠はあまり浸透しておらず催眠術のスクールの数もまだまだ少ないです。
ほとんどが東京ですし、関西では私がやっていますが全ての人をカバーしきれていません。
催眠術は多くの人が習うには非常に便利が悪いのです。

それに最近のサラリーマンは忙しいのでじっくり習う時間がない方も多いようです。
そこで時間や場所などにとらわれない形で催眠術を正しく習えないかと考えました。

もう一つの理由は、催眠術を、人を操る技術、悪用する技術としてではなく、
人を楽しませたり、悩みを解決したりできる技術として
世の中に役に立つ術師をもっと増やしたいという思いです。
催眠術は非常に強力な技術です、人を活かす事も殺すこともできるいわば刃物と同じです。

最後の理由に、これは催眠術を教えていて分かったことですが催眠術を習いたいという人に
人間関係の悩みなど何らかの悩みを抱えている人が多いということです。

あまり人に知られずに習いたいというニーズも多いことからオンラインスクールを立ち上げる必要があると感じ、
今回ネットマーケティングに詳しい専門家に強力してもらい中井英史オンラインスクールの実現に至りました。
やるからには日本一の催眠スクールにしたいと思い徹底的に初心者が躓くポイントを
リサーチしてカリキュラムを練りましたのでご期待下さい。

そして想像して下さい。TVで見るような催眠術を自在にできるようになったところを、あの拍手と羨望のまなざしを手に入れるのはあなたです。
ネットで今すぐ申し込む
まず無料動画セミナーを視聴する
お問い合わせ・ご質問はコチラ

▲PAGE TOP